ブラのストラップを短くして、少しでもバストアップは逆効果

・何を着てもパッとしない。
・最近なんだか疲れやすい。
・肩こりも感じだした。

などと首をかしげている、あなたはブラのストラップ(肩ひも)や姿勢などとともにこの記事をチェックしてみてください。

ブラのストラップが肩に食い込んでしまうと、つらいですよね。

それがお気に入りのブラだったりすると、多少痛くてもがまんして着け続けるかもしれません。

でも、自分に合わないブラをがまんして着けていると、日常生活にも支障が出てしまいます。

最悪の場合には、ストラップに圧迫っされて、血流が悪くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

ブラのストラップが痛い、肩に違和感があるというときは、どんな原因があるのでしょうか。

その解決方法とアイデアも含めてお話しします。

ブラのストラップが痛くなる原因

ブラのストラップが肩に食い込んで痛みを感じるとき、まず考えられるのは紐の素材がお肌に合っていない場合です。

ブラのストラップ部分は、化繊やゴムで作られていることが多く、お肌が敏感な方の中には、その素材が合わない場合があります。

その他に、ブラのサイズや肩ひもの太さ、長さがあっていないということも考えられます。

ブラのカップやアンダーバストがぴったり合っていても、肩ひもの調節ができないタイプのブラだと、肩ひもの長さが合わなくて痛くなることもあるんです。

また、少しでもバストアップしようとストラップを短くしている人は最悪です!
猫背になり胸も下向きになり、お腹も出て逆効果。

ストラップの太さも意外と重要です。

ブラはバストを支えるという役目も持っていますので、ストラップ部分が細すぎると、肩に負担がかかり、痛くなることがあります。

細いストラップが苦手という方は、肩ひもが太めのブラを選ぶとよいでしょう。

ブラのつけ方が正しくない場合も

もう一つ、ブラのストラップが痛くなる原因として、ブラのつけ方が間違っているケースもあります。

ブラの正しい着け方をしていないと、肩ひもが正しい位置にこないため痛みを生じることもあるんです。

ストラップが短すぎないかチェックしてみましょう。

長さが調節できるタイプのブラなら、長さを調整するだけでも痛みが軽減されることがあります。

さらに、ブラを着けるときには正しい着け方をして、一日中快適に過ごせるようにしたいですね。

自己流はNG「正しいブラの付け方」で、より美しく!
ブラジャーは毎日着けるものですが、本当に正しい付け方ができている人は、意外と少ないかもしれません。 ブラの付け方を自己流で継続していると、バストラインにも響いてきますし、最悪の有場合血行が悪くなってしまうこともあります。 そこで...

バストアップや姿勢矯正ブラの場合は特に注意が必要

ブラの中でもバストを美しく見せたり姿勢矯正効果がある下着は、通常のブラよりも圧迫感が強いものもあります。

そのような補正の目的で付けるブラの場合は、普通のブラに比べてストラップに負担が大きいものもあります。

もし、このようなブラを選ぶ際には、ストラップの太いものや肌にやさしい素材のものを選ぶことで肩への負担を軽くすることができるはずです。

ブラを選ぶとき、ストラップ部分にはあまり気を遣わない人も多いものです。

でも、毎日つけるブラジャーですから、一日中着け心地が良いものを使用したいものです。

細かいところにも注意して、本当に自分に合ったものを選んでみてくださいね。

お役立ちコラム
\売れ筋!ランキングBEST5を発表/
ヨガ気分ブラ〈ベーシック〉
icon icon

ヨガ気分ブラのベーシックバージョンです。
たすきスタイルのストラップで、肩甲骨周りをサポートする仕組みになっています。
肩甲骨を中央に寄せることで、背中がシャキッとして、姿勢が良くなるのですね。

ヨガ気分ブラは背中部分がにパワーネットを採用しているので、しっかりと背中を支えてくれます。

ヨガショーツ〈エクサベーシック〉
icon icon

フェリシモのヨガ気分ブラは、ショーツもそろえることができるのがうれしいですよね。
ヨガ気分ショーツは丹田という場所を意識してデザインされたショーツです。
タンでのてゃ、東洋医学では健康作りにとても重要だと考えられている箇所です。

正面からみるとよくわかりますが、太めのゴムベルト部分が交差してしっかりと丹田を支えてくれるんです。
ヨガ気分ブラと併用することで、姿勢だけでなく健康効果も得られそうですね。

ヨガ気分ブラ〈吸汗速乾FOP〉
icon icon

姿勢が悪い人は、背中に手をまわしてブラのホックを留めるのがツライという人もいますよね。
そんな人におすすめなのが、フロントオープンファインです。

ヨガ気分ブラの特徴である、肩ひも部分や背中のパワーネットはそのままに、フロントオープンデザインにすることで、より着脱を容易にしました。

ヨガ気分ブラ
icon icon

ヨガ気分ブラのベーシックもノンワイヤーブラですが、デザインやカラーにもっとバリエーションを持たせてくれたのが、この「肩甲骨意識でしなやかノンワイヤーヨガ気分ブラ」です。

ベーシックは、使いやすいカラーとデザインのものが集められていますが、もっとおしゃれなものが欲しいという人は、こちらのコレクションがおすすめです。

可愛いデザインとカラフルな色で、テンションが上がりそうですよね。
もちろん、ノンワイヤーで、ヨガ気分ブラの機能はそのままです。

一見、姿勢矯正ブラとは見えないおしゃれさが魅力的です。

ヨガ気分ブラ〈ブラック〉
icon icon

ヨガ気分ブラの中でも人気なのがブラックです。
もちろん、ヨガ気分ブラの姿勢矯正機能はまったく同じです。

背中部分のストラップとパワーネットがしっかりと肩甲骨を支えてくれることで、胸を開き美しい姿勢をキープしてくれるんです。

その他のアイテムは、毎回違ったカラーのものが配達されますが、これは、毎回ブラックカラーが届きます。
1回の配達でストップすることも可能ですが、お気に入りの下着は数枚そろえておきたいものですよね。

必要枚数が手元に届いた時点で、配送をストップしてもらうのが賢いのではないでしょうか。

インナーナビ